Archive

PixiのArtist Seriesが非常にCoolな件

No Comments

hummingbird

すでに皆さんご存じの通り、PixiにはPalm純正の換装裏蓋 “Artist Series” というのがあります。

この画像の通り、かなり完成度の高いもので、なかなか素敵です。金掛けてそうですねぇ。

このハチドリバージョン以外にも、以下のように様々なデザインがあり、明らかにPreとは違う客層を狙っていると思われます。

red_barnskinskulltwo_fish

僕的にはハチドリか魚(TwoFish)かなぁ。

こういうカスタマイズの楽しみが携帯デバイスにはあるんですよね。人に見せびらかす楽しさっつうか。そういうことをPalmの中の人がよく分かっているというのはいいことです。

エミー賞にPixi登場

No Comments

マイケルさん

アメリカのテレビドラマを始めとする番組のほか、テレビに関連する様々な業績に与えられる賞「第61回エミー賞」の発表会が執り行われ、会場でPalm Pixiが様々な著名人とツーショットしています。

Palm社のfacebook写真たちはこちらから。

ん~~。著名人と言っても、僕の知っているのはマイケル・J・フォックスとか、シガニー・ウィーバーくらいだなぁ。ていうか、マイケルさんは難病と闘っていると聞いていたんだけど、こういうところに出られるくらい回復したってことなんでしょうか。なんか嬉しいです。

Palmって結構この手のセレブタイアップ戦略やりますね。広報の人が好きなのかなぁ。

Pixiの解像度問題

No Comments

Pixiで一番気になっていたのは、画面の解像度が320×400であること。

Pre320×480なので、80ドットも足りないですよ。たった80ドットとも言えますが、画面の小さいこういったデバイスではかなり深刻な問題です。

っつうか、いきなり互換性無視かよって感じでかなり動揺したんですが、Palmの中の人はこういう悲痛な叫びに対する回答を一応持っているようです。

Palm Developer Network Blogでのいいわけ解説は以下の通り。

In most ways, developing for Pixi is the same as developing for Pre, so the Palm Mojo SDK provides everything you need to develop apps that work well on both devices. One important difference is that the new device’s display resolution is 320×400 pixels (the Pre resolution is 320×480), which was necessary to create a small and pocketable candy-bar form factor that’s the thinnest Palm device ever.

The display resolution difference, however, will mostly affect apps that are designed to fill the entire screen instead of scrolling to reach additional content and elements. If your app works this way, you will have to approach its layout with flexibility in mind if it is to work well on both Pre and Pixi.

To see how your app will perform on Pixi, you can run it in the Palm Emulator shipped with the Mojo SDK. Keep watching webOSdev. We’ll soon have more specific guidance for designing your apps to work on both Pre and Pixi and for running the Palm Emulator at Pixi resolution.

雰囲気で要約してみると以下のような感じ。

  1. Pixiの開発はPreと同じ感じでできるよ。
  2. Palm Mojo SDKに必要な仕掛けは用意しておくから。
  3. 2つのデバイスの違いの肝は画面の解像度なんだけど、Pixiみたいにちっこいやつを作るためには仕方なかったわけで。
  4. 80ドットも違うとアプリの画面表示にも結構影響があるけど、開発する人はスクロールとさせずに画面のレイアウトとかを柔軟に変えたりしてうまく対応してね。
  5. Pixi上での動きはMojoにエミュレータがついているのでそれで確認すること。
  6. どっちデバイスでも動くようにするためのガイダンスはちゃんと出すから。

将来的に解像度の異なるデバイス(それこそタブレットとか)が出ることも想定しているWebOSなので、アプリのデザインも固定解像度でないことを前提にやるっていうのがお作法なんですね。

まだアプリの数が増える前に解像度の違うデバイスを出すことで、そういう方向に開発者を誘導しようとしているのかも知れないと深読みしてみましたがどうなんでしょうか。

Palm Pixi発表

No Comments

今回もAppleのイベントにぶつけて発表でしたね。

以前よりPalm EOSとして出る出ると噂されてきた新機種Palm Pixiが発表になりました。

正式発表画像と、以前からリークされてきたEOSだったころの画像を並べてみてみましょう。

palm_pixi

palm_eos

細部にわたってかなりそのまんまじゃないすか!大丈夫かPalmの情報管理。

この写真が出てきたときにはいかにもフォトショップとか言われていましたけど、出てきた本物もフォトショップっぽいですね。

石鹸みたいなPreに比べると、だいぶ平らで薄っぺらい感じです。

Continue reading this entry »

Blue Taste Theme created by Jabox